HOME > モノレールを知る > 車両紹介 > 1000形第2編成を「ポッポの丘」に譲渡します

1000形第2編成を「ポッポの丘」に譲渡します

新型車両導入のため今月で廃車となる1000形車両2両(第2編成1003号車・1004号車)を、千葉県いすみ市にある有限会社村石養鶏場「いすみポッポの丘」に譲渡することになりました。この第2編成は昭和63年3月28日の開通(スポーツセンター~千城台)から活躍している編成です。
ポッポの丘では、JR久留里線のキハ38の隣に展示され、車体設置後周辺の整備をしたうえで車内を休憩所として活用する予定です。

1.譲 渡 先  いすみ市作田1298番地 有限会社村石養鶏場「いすみポッポの丘」
2.形式・車号  1000形 第2編成1003号車・1004号車
3.運行期間  昭和63年3月28日~平成24年12月24日
4.走行キロ  約1,773千キロ(地球約44周)
5.譲 渡 日  平成24年12月28日(輸送日まで車両基地に留置します)
6.輸 送 日  平成25年1月予定
7.平成24年12月20日現在の保有車両

形式 編成数 編成番号 導入時期
1000形 1次車 5 第1・第2・第5~第7編成 スポーツセンター~千城台開業
1000形 2次車 4 第9~12編成 千葉(仮駅)~スポーツセンター開通
1000形 3次車 5 第13~17編成 千葉みなと~千葉開通
1000形 4次車 3 第18~20編成 千葉~県庁前開通
0形   3 第21~23編成 平成24年
合計 20    

  ※すぺて2両編成です。
  ※1000形は導入時期により1次車から4次車があります。
  ※合計20編成40両

<車両譲渡に関するお問い合わせ>
千葉都市モノレール株式会社 総務部企画課
電話043-287-8216(平日8:40~17:00)

○ポッポの丘について

「ポッポの丘」(有限会社村石養鶏場)は、千葉県いすみ市にある鶏卵牧場です。地域の特産品や産みたて卵の直売所(入場無料)で、場内では現役を引退した鉄道車両が約15両展示され、車内に入ることもできます。

webページはこちら

○お問い合わせ先
いすみ市作田1298番地 電話0470-62-6751 10時~16時