HOME > モノレールを知る > 車両紹介 > アーバンフライヤー0形は、2012年度グッドデザイン賞を受賞しました。

グッドデザイン賞受賞

0形 Urban Flyer 0-Type

good-design-award
good-design-award

車両のデザインは、モノレールの存在自身を都市のアイデンティティとして表現すべく、「空」を総合デザインコンセプトとして、車両の外観、室内デザイン、シンボルマーク、車両ネーミングのデザインを行っています。道路上空を運行する懸垂型モノレールの“景色を見渡すことができる眺望性”を最大の特長として生かし、ガラスエリアを大幅に拡大したほか、車両両端部の運転席横の床面に窓を設けるなどして、世界最長の空中飛行鉄道として、「空中散歩」を楽しめる魅力的な公共交通機関の実現を目指しました。
 アーバンフライヤー0形は、1988年の開業以来活躍を続けてきた1000形の代替として新造した車両で、本年7月8日から2編成4両が営業運転を開始しました(現有車両3編成)。2013年度末までに計4編成8両が導入される予定です。

審査委員による「評価コメント」

懸垂型の千葉都市モノレール二代目の魅力について、床下や腰壁から景色を見下ろす眺望として捉え 直した窓、浮遊感を伝える新鮮な車体外観のグラフィカル処理とともに評価。
 この魅力ある外観に加え、 室内のホールド感あるハイバックシートは公共交通として大切な清掃性にも配慮されて、カラーコーディネートされた注意喚起色から、車両内外装のシンボルロゴやネーミングまで、総合的デザイン展開に よる魅力的な公共交通の提案を評価したい。

グッドデザイン賞について

グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。
 これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開されており、のべ受賞件数は38,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

グッドデザイン賞のwebサイト

 トップページ>>>
 グッドデザイン賞とは>>>
 2012年度グッドデザイン賞一覧>>>
  (すべてを見るには、ページ下部の「受賞対象一覧」または「もっと見る」をクリックします)
 アーバンフライヤー0形のページ>>>

受賞記念

ヘッドマーク

good-design-award

下記の期間、受賞記念ヘッドマークを掲出していました。
期間:平成24年10月2日~平成25年11月