千葉都市モノレール

HOME > 会社概要 > 採用情報 > 新入社員紹介 > 上田寛之
新入社員紹介

 

うえだ ひろゆき

上田 寛之

所属 / 職名

運輸部営業課

otoko

主な担当業務
  • 1. 駅業務の審査
  • 2. 旅客輸送実績の作成・分析
  • 3. 駅の物品管理
  • 4. 無人駅の巡回・点検
  • 5. 駅構内案内の内容精査・更新

 

 

man
  • ○プロフィール
  • ・出身 東京都
  • ・趣味 音楽(ドラム)・ラーメン屋巡り
  • ・長所/短所
    落ち着きがある/スロースタータ

 

現在に至るまでの軌跡

学生時代に同業他社にて駅係員のアルバイトをしていた経験から、公共交通に携わる企業に勤めたいと考えました。現業・事務を問わず幅広い経験ができる点と面接での和やかな雰囲気に惹かれ、千葉モノへの入社を決めました。

いま所属している運輸部営業課は、駅の管理業務・広告・テナント管理などがメインの仕事ですが、地域イベントでの物販や貸切列車・撮影の立ち会いなど、事務にとどまらず様々な仕事を行っています。

 

印象に残っている業務

~初めての大仕事!駅のサイン(案内標識)変更~

営業課に配属されてから最も印象に残っている業務は、入社してから半年ほど経った頃にメイン担当として任された駅のサイン変更業務です。上司から「千葉駅の構造が大きく変化し、また千葉みなと駅付近の海沿いでは再開発が進んでいることから、駅に掲示されている周辺地図をはじめとしたサインを差し替えることになったので、メイン担当としてその業務を進めてほしい」と指示がありました。話を初めて聞いた時は、「半永久的に残り続ける駅のサインを新入社員が担当してよいのだろうか?」と戸惑いもありましたが、責任ある仕事を任せてもらえることで、入社したばかりの自分も頼りにされているのだととても嬉しく思いました。

~進める上で苦労した点~

ただ、実際に仕事を進める過程には色々な苦労が伴いました。現在のサイン内容が合理的であるかを抜本的に見直したり、そもそも自分自身が沿線の地理にあまり詳しくなかったので、自分の足で何度も駅周辺を見て回ったり、ここでは書ききれないほどの地道な作業が続きました。すべての作業が初めてで、練習はなく、すべて本番作業の中で覚えて理解し実践する中、苦戦することも多々ありましたが、上司・先輩・他部署の方々にサポートしてもらいながら、なんとかサインの発注までたどり着くことができました。  差し替えられたサインを見ると、無事終了したときの安堵感と達成感が今でも思い出されます。

 

~自分が感じた会社の良さ~

当社は決して大きな企業とは言えません。しかし、だからこそサイン変更業務を任されたように、入って間もない社員でも様々な仕事に携われるチャンスがあります。  さらに、サイン変更業務を進める中、他部署と連携し業務を進める場面が多々あり、その中で「このことは○○課の□□さんに聞いてみよう」といったように、部署に関わらずお互いの業務内容まで把握できるほど、社員同士が連携を密にとり協力し合える環境が、新入社員の自分にはとても心強く感じました。今回の業務では、聞くことばかりでしたが、今後は「このことは営業課の上田に聞いてみよう」と言ってもらえるよう精進していきたいと思いました。

上田

 

今後の目標

まだまだ分からないことが多いので、この会社で必要な知識やノウハウを身につけ、上記のように「このことは営業課の上田に聞いてみよう」と言われる人材になること。

 

就活性に一言

就活中はどうしても企業を選ぶことに目を向けがちですが、今の自分としっかり向き合うことも重要です。「自分はどんな人間なのか」「自分には何ができるのか」自分とじっくり向き合い、自分らしさを企業に伝えることで、自分に合った企業との出会いがきっとあります。頑張ってください!

 

上田1

 

 

Top