HOME > 運賃 > 定期運賃 > 通学定期券をお求めのお客さまへ

 

 

 

 

 

 

通学定期券をお買い求めになるお客さまへ

発売するために必要な証明書

通学定期券の購入には下記のいずれかの証明書が必要になります。

1.学校の代表者により必要事項を記入し、公印が押印された「通学証明書」

2.公印が押印された「通学定期乗車券購入兼用の証明書(学生証)」

※証明書の写真は、証明書発行の日から1ヶ月間に限り省略可能です。

※中学校3年生以下の生徒・児童及び幼児の証明書の写真は省略可能です。

 

申込みについて

 学年度の1回目に通学定期乗車券を購入する際は、「定期乗車券購入申込書」の提出が必要です。ただし、当該年度で継続購入する際は省略することができます。

通学定期乗車券を発売できる「指定学校」及び指定番号例について

 

1.学校教育法第1条に定める幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校および専修学校。

2.上記以外の国公立の学校またはその他の教育施設。

3.学校教育法の規定により設立した私立学校。

4.外国の大学、大学院、短期大学の日本校で指定の受けた学校。

※一部の学校の学生・生徒様には当社及びJR・その他の鉄道会社では通学定期乗車券の発売ができない場合がありますので、詳しくは学校にお問い合せください

発売区間について

発売区間の原則について

1.学校の最寄駅とご自宅の最寄駅の区間で発売します。

2.通学定期券の経路は、次のいずれかに当てはまる経路に限ります。
(1)距離が最短の経路 (2)乗車時間(乗り換え含む)が最短の距離 (3)定期運賃が最安の経路

3.他社線との連絡通学定期乗車券は、通学定期乗車券の複数枚所持を回避するために1枚の定期券で発売いたしますただし、通学定期乗車券が条件上、複数枚必要となる場合についてはこの限りではありません。

学校最寄駅の設定について

  学校最寄駅は、指定学校毎に定められております。学生・生徒様の記入により、任意の最寄駅に変更することはできませんまた、自宅最寄駅が引越し等で変更になった場合は、学校代表者によって訂正していただき公印を押印していただく必要があります。

クラブ活動・予備校に通う場合について

  クラブ活動・予備校等を理由として別区間の通学定期券をお買い求めになることはできません (通勤定期券をお買い求めください)

 

学年度末における発売方法について

1.進級の場合
     進級することが明白である場合、旧学年中に旧学年の通学証明書で4/30をまたぐ定期券をお買い求めいただけます。ただし、お買い求めになった
  定期券の有効期間経過後、継続してお買い求めになる場合は、新学年通学証明書等をお持ちいただく必要があります。

2.進級の場合(新学年の通学証明書等が始業式以降に発行される場合)
     新学年の通学証明書等が始業式以降に発行されるため、始業式以降でないと定期券が購入できない場合は、学校代表者が旧学年の通学証明書等に「○月○日まで有効」と赤書きで修正し、公印が押印された通学証明書等をお持ちになることで始業式前でも定期券をお買い求めになれます。

3.卒業の場合
    最終学年の通学証明書等がある場合、4/30をまたがない期間で定期券を継続購入できますが、4/1以降は無効となり使用できません